春かんきつ詰め合わせ、みかんの館セット7kg入り

価格: ¥4,700 (税込)
[ポイント還元 47ポイント~]
数量:

返品についての詳細はこちら

星1つ 星1つ 星1つ 星1つ 星1つ 5.0 (1件)

twitter



みかんの館のある湯浅町田地区

海岸に面した、段々畑の広がる集落で

海からのむっとするほど暖かな潮風と

水面を撥ねる光がまばゆい

温暖な地域で、みかん以外にも四季を通して

色々なかんきつが栽培されています。

ぽんかん、三宝柑、不知火、はっさく、清見、バレンシア

最近では、はれひめ、せとか、はるか、はるみ、なつみ

名前を上げれば誰かが返事をしそうなくらい

女性の名前がよく使われ、そして栽培されています。

それぞれに収穫時期は違いますが、その時々で熟した

かんきつを箱に詰めお届けします。

さて、どんな果実が入っているのやら。

それは開けてのお楽しみということで(^^);



++主に入っているかんきつ++
これ以外の品目もその時々で箱入れする場合がございます。


■レモン 1月~5月
【要リクエスト】

ご希望があればお入れします。


■はれひめ 2月~3月

清見とオセオラオレンジを交配させ、宮川早生を交配させて出来たもので、さっぱりとした甘さが特徴。

酸がない分食べやすく、気がつくと皮の山

とにかく、食べ出すと止まらない。



■ぽんかん 2月~4月

古くからある品種で、濃厚な甘みに、みかんのような食べやすい一品。

清見オレンジと共に、若手(新品種)育成に貢献している。


■熟デコ(しらぬい) 2月~7月

清見と中野ぽんかん交配して誕生したものでヘタの部分にデコがあるのが特徴。

ぽんかんの甘ったるさと、清見の果肉を兼ね備えた、高級果実として有名である。



■せとか 3月~4月

清見とアンコールを掛け合わせ、後、高糖度のマーコットを交配させた品種。

アンコールの赤さと、清見、マーコットの糖度が相まって、抜群の食味を醸し出す。


■はるか 3月~6月

レモンを思わせるような外観。
日向夏(小夏)からの選抜種。

4つに割って食べてもいいのですが、果皮が固いので、リンゴを剥くようにナイフを入れ白い内皮を残し、縦に切り、そのままかぶりつくのが館流!

色のイメージとは正反対に甘ったるいのが特徴。



■清見オレンジ(タンゴール) 3月~7月

清見オレンジは宮川早生にトロビタオレンジを交配して育成したもので、ぽんかんと並び、現在の品種育成には欠かせない。

4月下旬まで着果させると、果肉がとろけ、甘さがほとばしる。

果汁が多いのでジュースに絞るもよし。



■南津海(なつみ) 5月~6月

カラマンダリンのお母さんと吉浦ぽんかんのお父さんの間に出来た、みかんです。

着色時、あまりにも酸っぱいので選抜から
外れていたのですが、それが5月を過ぎ
酸と糖のバランスが良くなり、抜群に美味くなる。

せとかと共に、幻のみかんと呼ばれるくらい重宝される初夏のみかん。


  

春かんきつ詰め合わせ、みかんの館セット7kg入り

価格: ¥4,700 (税込)
[ポイント還元 47ポイント~]
数量:

返品についての詳細はこちら

星1つ 星1つ 星1つ 星1つ 星1つ 5.0 (1件)

twitter

季節のかんきつ詰め合わせ、みかんの館セット
商品説明 和歌山県有田郡湯浅町田村産 旬の春かんきつ 3品種以上を箱入れ
大小混合サイズ

内容量 容器 7kg みかんの館オリジナル段ボール
出荷時期 2月中旬~6月上旬

※季節商品のため配送日が未定となっております。
発送日が決定次第、メールにてご連絡させていただきます。

外観 個数 ★★★☆☆ 傷あり 個数未定
食べ方 ヘタの反対側から2つに割る、または、ナイフで十文字に切り剥皮。
賞味期限 約30日
保存方法

常温で日陰、またはビニール袋に入れ冷蔵。

関連商品

人気ランキング

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 臨時休業日

定休日及び臨時休業日は発送業務を行っておりません。
尚、ご注文は24時間承っております。

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

++潮騒が私の子守歌++

和歌山有田。
その昔、詣人で賑わう、
熊野古道走る湯浅の町。
歴史はここにも、
いにしえよりの
みかんとびわの田村地区。
”きららときめきロード”と
名付けられた
紺碧の海岸線は黄昏時、
夕焼けとさざ波の織りなす
イルミネーションは絶景だ。


そして、その中程に位置する
真っ赤な屋根が”みかんの館”、
四季を通しかんきつを全国発送。
本家みかんの館
石積みの水はけの良い土壌で、
潮風と水面にはねる光を
ふんだんに浴び、
低農薬と魚粉で育む、
有田みかんの中でも、
群を抜く甘さに
程良い酸味をプラスした
最高級ブランドみかんです。

++季節のみかん ++

■極早生みかん
(10月中旬~11月上旬)

爽やかな甘みが
口いっぱいに広がります。

■早生みかん
(11月中旬~12月上旬)

ほとばしる果汁、
袋がぴりり、とろける甘さ。

■中生みかん
(12月上旬~12月中旬)

早生極早生に比べ、
幾分、皮、袋が堅くなります、
糖酸のバランスがいい本格派

■晩生みかん
(12月中旬~1月上旬)

寒さに順応し中生より
皮、袋が厚くなります、
幾分酸味が高めですが
日持ちが良く味は濃厚です。

++みかんについて++

■みかんの保存
みかんは呼吸をしています。
湿度の高いところは避け、
できればヘタを上に向け
(樹になっている状態)、
冷所で保存してください。

■いつまでも美味しく
堅いみかんほど酸味が強く、
減酸につれ柔らかく変化します。
柔らかなみかんからお召し上がり
いただくことをお薦めします。

■みかんの白い粉
まれに付着している白い粉は
農薬ではなく
品質を向上させるための
カルシウムです、
また、鮮度保持のため、
あまり磨きをかけておりません。

++みかんの館の箱++

みかんの館のパッケージ,
パンフレットは
CG アートデザイナー
茉莉花
さんの作品です。

■化粧箱

約5kg入り高級化粧箱です。

3kg 5kg箱 7kg 10kg箱
空、海、山にみかんが映える
和歌山県をイメージしました。

新しいパンフ作成しました。
1頁4頁 2頁3頁


2013年9月

ページトップへ