<追加送料改訂のお詫びとお知らせ>

いつもご愛顧を賜り、誠にありがとうございます。
この度、提携しております運送会社の運賃値上げに伴い、2018年3月15日より
一部の追加送料改定をさせていただく運びとなりました。

昨今の運送業界の人手不足や配送件数の増加などによる全国的な運賃の高騰をうけ、
できる限りご負担をおかけしないよう、努めてまいりましたが
大幅な運賃値上げによりこれ以上現状の送料体系を維持することが困難となりました。

該当地域のお客様へはご負担をおかけし大変心苦しく感じておりますが、
2018年3月15日以降
のご注文分より
下記の通り送料を変更とさせて頂きますこと、何卒ご容赦頂きますようお願い申し上げます。

■変更前
・北海道、沖縄県 1個口追加送料500円

■変更後
・北海道、沖縄県 1個口追加送料1000円
・青森県、岩手県、秋田県、山形県、宮城県、福島県 1個口追加送料200円

※1個口とは次の通りです。
同一発送先、10kg 2箱以下、7kg箱 2箱以下、5kg箱 2箱以下、3kg箱 3箱以下


この度の送料改訂につきまして、何卒ご理解いただきたく、今後ともご愛顧いただけますようどうぞよろしくお願い申し上げます。

バレンシアオレンジは、

世界で一番多く栽培されているかんきつです。

しかし、国産品は気温の関係で、栽培地域が限られ、

あまり多く出回っておりません。

幸いなことに和歌山県有田郡田村地区は、

土質、気温、日照、に恵まれ、

さらに、海から吹き上げる潮風が甘さにまろやかさ

を加える我が国でも群を抜く優良かんきつ産地です。



みかんの館のバレンシアオレンジは

開花から1年と2ヶ月余り樹の上で熟成させ、

5月の開花時には花と果実が同居するという、

珍しいシーンも見受けられ、6月には、今年の果実と

来年の果実が同居しています。



ただ、あまりにも長く熟成させるため、

一旦赤くなった果実が

甘みを増すにつれ
回青現象といって

一部に緑が現れます、

外観的にはあまり良くはありませんが
これが熟度の目安として、収穫します。







みかんの館のかんきつ達は

魚主体のぼかし肥料で育みました。

有機肥料は土に施すと、発酵し、

土壌微生物等に分解され根に吸収されます。

ぼかし肥料は有機肥料を

発酵させたもので肥料の効きが早く、

植物にも、環境にも優しい肥料で

樹も健全にそだち、甘味たっぷり、

切れ味の良い酸味がほとばしる、

活きの良い果実が育ちます。




また、みかんの館のバレンシアは

果実が傷まないよう、短いドラムで

1個、1個、大きさ別に選り分けます。

このことにより

いつまでも採りたて、活きの良さを

お届けできるようになりました。





みかんの館では、

完全着色、また、熟度を考慮した

収穫時期を設定し、

より一層甘味が乗るタイミングを見計らい

収穫します。

よって、一つの箱には甘さのばらつきが無いので

安心してギフトにもご利用いただけます。




大きさ別の贈答用は

2.5kg入り

5kg入り

7kg入り

わけありは、M~3Lサイズまでの

大小混合で

2.5kg入り

5kg入り

7kg入り

10kg入り

尚、光をいっぱい浴びた外なりの果実で

果皮に傷がありますが、中味は一級品と同じです。




商品一覧

該当商品はありません

商品カテゴリ

人気ランキング

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 臨時休業日

定休日及び臨時休業日は発送業務を行っておりません。
尚、ご注文は24時間承っております。

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

++潮騒が私の子守歌++

和歌山有田。
その昔、詣人で賑わう、
熊野古道走る湯浅の町。
歴史はここにも、
いにしえよりの
みかんとびわの田村地区。
”きららときめきロード”と
名付けられた
紺碧の海岸線は黄昏時、
夕焼けとさざ波の織りなす
イルミネーションは絶景だ。


そして、その中程に位置する
真っ赤な屋根が”みかんの館”、
四季を通しかんきつを全国発送。
本家みかんの館
石積みの水はけの良い土壌で、
潮風と水面にはねる光を
ふんだんに浴び、
低農薬と魚粉で育む、
有田みかんの中でも、
群を抜く甘さに
程良い酸味をプラスした
最高級ブランドみかんです。

++季節のみかん ++

■極早生みかん
(10月中旬~11月上旬)

爽やかな甘みが
口いっぱいに広がります。

■早生みかん
(11月中旬~12月上旬)

ほとばしる果汁、
袋がぴりり、とろける甘さ。

■中生みかん
(12月上旬~12月中旬)

早生極早生に比べ、
幾分、皮、袋が堅くなります、
糖酸のバランスがいい本格派

■晩生みかん
(12月中旬~1月上旬)

寒さに順応し中生より
皮、袋が厚くなります、
幾分酸味が高めですが
日持ちが良く味は濃厚です。

++みかんについて++

■みかんの保存
みかんは呼吸をしています。
湿度の高いところは避け、
できればヘタを上に向け
(樹になっている状態)、
冷所で保存してください。

■いつまでも美味しく
堅いみかんほど酸味が強く、
減酸につれ柔らかく変化します。
柔らかなみかんからお召し上がり
いただくことをお薦めします。

■みかんの白い粉
まれに付着している白い粉は
農薬ではなく
品質を向上させるための
カルシウムです、
また、鮮度保持のため、
あまり磨きをかけておりません。

++みかんの館の箱++

みかんの館のパッケージ,
パンフレットは
CG アートデザイナー
茉莉花
さんの作品です。

■化粧箱

約5kg入り高級化粧箱です。

3kg 5kg箱 7kg 10kg箱
空、海、山にみかんが映える
和歌山県をイメージしました。

新しいパンフ作成しました。
1頁4頁 2頁3頁


2013年9月

ページトップへ